自営業を始めるために必要な書類

自営業の始め方は意外に簡単

自営業を始めるのは、会社・法人を設立するよりもずっと手続きが簡単です。まず、個人事業の開業・廃業等届出書という申請書類を税務署に提出します。実は、これだけで個人事業(自営業)が始められます。
書き方もそれほど難しくはなく、屋号や自宅または事務所の所在地、マイナンバーなどを記入して、税務署に出せばそれで終わりです。ただ、できれば2通準備して、1通は提出用、1通は自分の保管用にするといいでしょう。その場合は、その旨を書いて税務署に渡せば、税務署長の印を押したものを保管用に返却してくれます。返却用の切手を貼った封筒を同封しておきます。
後は受理されるだけで、特に審査などはありません。提出期限は事業開始後1ヶ月ですが、遅れても罰則はないです。

税務上必要な書類はなに?

個人事業(自営業)を開始する場合は、青色申告を選んだ方がお得です。白色申告よりもメリットが多くなっています。
たとえば、帳簿を複式簿記で行っていれば、特別控除として65万円が課税所得から差し引かれます。
また、赤字が出た時は、3年間にわたって繰り越せ、所得から引き算をすることができます。
そのほかにもメリットがありますが、この青色申告を利用するためには青色申告承認申請書を税務署に提出する必要があります。提出時期は、事業開始後2カ月以内です。
ただ、青色申告承認申請書を出す前に個人事業の開業・廃業等届出書を先に出しておく必要があります。同時に提出すれば、問題なく受理されます。
なお、受理されたらその書類は返却されないので、控えを必ず取っておくようにしましょう。