自営業をはじめてみよう!

お金を稼げばもうスタート

事業を立ち上げるということを大げさに考えている人もいますが、実はそれほど難しいことではないのです。何でもいいのでお金を稼いでしまえば、それが自営業の始まりです。確かに役所に開業届を出さなければなりませんが、法律上も開業の後一ヶ月以内であればいいとされています。つまり、まず最初にすべきことは自力でお金を稼ぐということなのです。
方法は人それぞれですが、自分の所有する不動産を他人に貸してお金をもらうということでもいいのです。文章や絵を書いてお金をもらうのもいいでしょう。何でもいいのでとにかくお金を稼ぎさえすれば、それが自営業のスタートになります。何も難しいことはないのです。もちろん社員を雇う必要性もありません。

自分のできることから始めれば失敗しにくい

まずは一万円を稼ぐところから始めてみましょう。多くの人がいきなり大きな借金を作って、お店を開きます。さすがにそれはリスクが高すぎる行為だと言わざるを得ません。まず最初は少額からでもいいので、借金をせずに稼いでいきましょう。確かに業種は限られるかもしれませんが、失敗をする確率は減らせます。
一万円が稼げたら次は十万円、その次は百万円と、徐々に目標とする金額を上げていけばいいのです。人を雇う余裕が出てくれば、社員やアルバイトを使っていくといいでしょう。最初は少額からでも、徐々にハードルを上げていけば、そのたびにできることも増えていきます。何も最初からすべて揃える必要はないのです。無理をしない範囲で事業は進めていくのがベターです。